国宝・彦根城 (別名・金亀城)その1

d0175995_20581188.jpg

 ・東京~米原で新幹線を降り、JR東海道線に乗り換えて彦根駅に着きました。
  彦根駅に降り立ってびっくり何と雨が降っているのです。傘を買いました、駅からお城
  までは、10分~15分ほど歩きます。雨はそれほどひどくはありませんでした。

 ・一人旅、駅のコインロッカーに荷物を預けて、観光協会でマップをもらいました。
  「よし 行くぞ~」と自分に言い聞かせて・・・胸がわくわくしてきました。

d0175995_21111758.jpg


 ・彦根城は琵琶湖のほとりにあり、現存の天守の中でも国宝であります。
  現存の天守で国宝は「姫路・松本・犬山・彦根」とこの4城だけです。

 ・彦根城は別名「金亀城ーこんきじょう」ともよばれて親しまれ、譜代大名
  14代<井伊直継>の居城でした。
 
 ・明治初期の廃城令の折に破却を免れた、天守、附櫓、多門櫓、その他 安土、桃山~
  江戸時代の 櫓、門などが残されており、国の重要文化財に指定されております。

d0175995_2129525.jpg


 ・表門から天守に行く石造りの階段は、歩幅と高さが段ごとで異なり上がりにくく
  折れ曲がったりカーブしたりして、直進できないようになっています。
  敵に足元に注意を向けさせて、上から攻撃しやすいように考えて作られているとか!

   本当に、「戦国武将の知恵と工夫の足跡」です。 城内に入るまでずいぶん歩きました。

d0175995_21464247.jpg


 ・大手門と表門からの道が合流する要所にある櫓(日本には、ここにしかない 櫓 です)
  櫓にかかる廊下橋は、以前には目隠しの壁と、屋根があったとか・・・

 ・馬屋(馬のトイレも完備)
  甕(カメ)のまわりを漆喰で固めた馬のトイレ・全国的にも例がない

  日本で唯一現存する 馬屋 は、水はけをよくするため側溝があったり、馬の排泄物を
  処理するためのカメが配置されていたり清潔にたもてれていたことがわかります。

d0175995_22115325.jpg


d0175995_2214225.jpg

     その2 では城内部と角度を変えて撮ったお城をまとめてアップします。
[PR]

by fukupon-0410 | 2010-09-26 22:25