郡上八幡城 (積翠城)

   ・盆踊りで余りにも有名な、<郡上八幡城>は海抜350mの八幡山の上にあります。
    永禄2年(1559年)遠藤盛数が、八幡山の上に砦を築いたことが郡上八幡上の起源です。
d0175995_2133326.jpg

d0175995_21341531.jpg

   ・郡上八幡城は、4層5階建ての木造再建築です。
    ほとんどの模擬天守は、鉄筋コンクリートで再建されますが、木造再建築
    としては、日本最古では!と言われております。
d0175995_21404429.jpg

d0175995_22102276.jpg
   
   ・あの有名な 山内一豊の妻千代は、この遠藤盛数の娘として生まれております。
d0175995_2151742.jpg

   ・天守からは、長良川・吉田川と城下の町並みが手に取るように見えて、
    城主気分が味わえます。残念ながら雨でした。
d0175995_226268.jpg

   ・残念ながら、<郡上八幡城>も明治維新を迎え廃城となりました。

   ・妹夫婦の協力で、思いもかけず郡上八幡城に行くことができ私としては、別の喜びが
    ありました。 郡上八幡は母の故郷でもあるからです。
    母の故郷は、もう少し山の奥にあります。私達姉妹は、小さい頃、母と一緒に
    この郡上八幡に来るのがとても楽しみだったのです。
    家の裏は山、前には清流が水車をまわしていました。

   ・今は、岐阜から高速が通り、一時間少々走ればいくことができるようになりました。
    お城は小高い山の上にあるため、ヘアピンカーブを切り返しながら上がっていきました。
    その頃より、雨が降り出してしまいましたが、子供の頃 又 母を思い出し胸に熱いもの
    を感じた一日になり、一人旅のはずが、すばらしい旅となりました。
d0175995_2244775.jpg

      次は一人旅の最後<墨俣城>木下藤吉郎が築いた別名・一夜城です。
    
[PR]

by fukupon-0410 | 2010-10-14 22:51