大相撲・裏話

  ・春場所が始まって早くも中盤戦、初日の番付けの発表のおり、今回も脇には
   普段 公表されてない裏話がでていました、私はこれを楽しみにしています。

  ・今回は、優勝祝いの「大鯛」についてでした。 優勝力士が握る大鯛!あのでっかい
   マダイは部屋の師匠が持つ人脈の結晶だ41そうです。
  ◎ 手に入れるのが大変みたい!
  ・10キロを越える 「力士のマダイ」は天然もの
   一つの漁協で年に数えるほどしか水揚げされない”珍魚〟だとか?
   ところが値段はというと 「あんなもの二束三文」 と 水産関係者は言う・・・が・・・

  ・10キロもののマダイが揚るのは、各漁協でも一年に10枚程度であるとか?
   「カネに糸目はつけんから」 と 注文されても、ないもんはない!注文もらう方が
   迷惑や」 と 本音を言っている。

  ◎ 大鯛は大味で、水揚げされた評判は 「無価値」 「二束三文」 と・・・

  ・一キロ¥1000~1500が、依頼があれば10倍以上に跳ね上がる・・・こわい話!

  ・普段は見向きもされない大鯛だが、場所終盤の外ではタニマチの争奪戦!ある部屋
   の後援者は 「師匠から頼まれるなんて、一世一代の誉れ!
   日本一の 大鯛 を届けます」 と ありゃ~りゃ~
d0175995_21324844.jpg

   
[PR]

by fukupon-0410 | 2014-03-18 21:34