<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012・我が家の菜園

  ・4月~5月になると、私もご近所の方につられてプランタンなどで菜園を始める。
   まず、3月末にじゃがいもを植えました。4月の後半にトマト・ナス・ゴーヤなど
   植えました。

  ・そして、昨年からプランタンの中で順番を待っていた<イチゴ>がどんどん成長して
   白い花を咲かせて実ができて、こんなに大きく育ちました。
d0175995_126213.jpg

  ・昨年も・一昨年もダンゴ虫とナメクジに食べられてしまい、悔しい思いをしましたが!
   今年は大丈夫です、お友達が心配していろいろ教えてくれました。
   今朝、こんなに立派な<イチゴ>の収穫がありました。10個ですよ~嬉しいです
d0175995_12123792.jpg

  ・トマトも順調に育っています。今年はミニも植えました、梅雨の後半7月の中頃
   には、食べておくれ~と ささやくことでしょう。
d0175995_1219194.jpg

  ・野菜を育てるようになって、6~7年になります。今は亡き、ご近所のおばあちゃんが
   トマトは、又芽を取るんだよ!と教えて下さいましたが、よく分かりませんでした。
   今では、一本の苗に大きなトマト20個程、実らせるようになりました。
[PR]

by fukupon-0410 | 2012-05-26 12:25

東京スカイツリー

  ・5月22日の開業前にスカイツリーを見ておこうと出掛けました。22日開業して
   からでは、大変な人出が予想されます。又 上がることができるのは、3ヵ月後?
   半年、一年後?になるかも知れません。

  ・浅草から一つ目に、スカイツリー駅ができました。駅に着き、この先歩くことも
   考えて、お手洗いを使いました。いゃ~ステキな洗面台です、中心が三角形になり
   その周囲を洗面台が・・・かわいくステキです。やはり、中心の三角形はスカイツリー
   を現しているようです。
d0175995_2055229.jpg

  ・駅よりエスカレーターで上がっていきます、4階にチケットホール等が、あり
   ガラス越しに中を見ると、開業にむけ最後の特訓中でした。外では、いろいろ
   イベントが催されていました。
d0175995_20115568.jpg

  ・テレビで見ていたより・・・想像以上の感じ、スカイツリーの足元、いや~すごい
   でかいです。やはり全景は遠くから~首を90℃上に向けても全景は無理!
d0175995_20212714.jpg

  ・こんなすごい物を人間が造るなんて、言葉はありません。この数日新聞に、
   スカイツリー誕生の苦労・発想・思いが連載されていましす。設計された方達の
   チームは、何回も二千m級 三千m級の山に登り、ヒントを得られたとか?

  ・スカイツリーには、関東大震災級の地震にも未知の断層による直下型地震でも
   倒壊しないという、すばらしい最高の技術で造られているそうです。
   ライトアップの色も <富士のように誰もが眺めたくなる> そんな苦心もあり
   現在の色になったとか?
d0175995_2036043.jpg

  ・天望回廊は、最後の5mを自分の足で上がるスロープになっているとか!考えられた
   つくりになっているようです。
   スカイツリーは高いだけでは面白くない、<不思議で美しい立ち姿>を追い求め
   造られたとか!

  ・日本のお城は、武将達の智恵と工夫で造られたのならば、スカイツリーは
   智恵と技術の塊、現代のお城でしょうか。
d0175995_20502139.jpg

d0175995_2051353.jpg

[PR]

by fukupon-0410 | 2012-05-21 20:54

映画・我が母の記

  ・母の日に映画 <我が母の記>を観てきました。私はかなり以前に
   「あすなろ物語」は読んでいますが、大半 忘れてしまっていました。
   作者、井上靖の自伝ですが、井上靖は少年時代を伊豆の湯ヶ島で過していました。
   古い蔵の中で、母ではなく祖母(祖父の妾)に育てられ二人で暮らしていました。

  ・今回 映画は、父も亡くなり、実の母親も年老いて東京での生活の中、実の母親に
   育てられなかったことに、距離感を感じる息子と老いのため、消えゆく記憶の中で
   息子への思いを追うような母・・・そんな映画になっていました。

  ・母親役を、樹木希林、息子役を役所広司が、演じていましたが、映画の内容よりも
   役者,樹木希林の演技に吸い込まれていきました。
   少しずつ老いて呆けもすすんでいく姿を、見事に演じていました。いつも映画は
   物語を楽しみにみるのですが、今回はいつの間にか、希林の演技を注目して観て
   しまいました。
d0175995_20145885.jpg

  ・私の母は、52~3で亡くなっているため、老いた母の姿は記憶にありませんが・・・
   何時の日か、自分もいく姿なのだ!と感無量で家路に着きました。
   
[PR]

by fukupon-0410 | 2012-05-14 20:21

山陰の旅三日目(鳥取砂丘に)

  ・昨日は楽しみにしていた松江城を見て、多少興奮して眠りにつきました。
   今日は、私の二つ目の希望地「鳥取砂丘」から始まります。
   日本最大級の砂丘とか?今日は旅も最終日、疲れてきましたががんばりま~す。

  ・ロープウエイで上がり渡りました、そこから先は砂地です。ガイドさんの話では
   ズボッーと入ってしまう所もあるとか!又希望があれば長靴もレンタルできる
   そうです。幸いよい天気に恵まれています、ズボッーズボッーと歩きます。
d0175995_20101382.jpg

  ・きれいな砂地の向こうに、一段と高くなっている所が <馬の背>と言われている
   ところで、この上からは砂浜・海が見渡せるそうです、頑張って馬の背まで登って
   見ます。
d0175995_2015734.jpg

  ・30分程で<馬の背>まであがりました、とても気持ちの良い景色です。今日は
   穏やかな日ですが、風の強い日は一体どうなるの?砂が舞うのでしょうね?

  ・昼食後、最終地「天の橋立」に向いました。やはりここもロープウエイ・リフトで
   上がります。海に延びてる地、ここが「天の橋立」ここを歩いたり、自転車で通る
   コースもあるそうですが、私達は上から見下げるのみ!例の如く、股のぞきも
   やってみましたが、何の変化も感じずリフトにて下山・・・
d0175995_20292643.jpg

  ・これで3日間のメニュー全て終わりました、気持ちは早くも我が地がなつかしく
   忘れていた家のことが気がかりに・・・

  ◎以前、私の友人から教わった言葉がありましたが、今回ガイドさんからも
   「弁当忘れても、傘忘れるな」の言い伝えのある「山陰の旅」は、好天に恵まれた
   すばらしい旅で終わりました。
      
[PR]

by fukupon-0410 | 2012-05-08 20:42

山陰の旅、松江城(別名 千鳥城)

  ・待望の<松江城>です、島根県にある松江城は、日本の名城12城のひとつです。
   国宝ではありませんが、現存の天守が残る重要文化財です。
d0175995_20461841.jpg

d0175995_20483634.jpg

  ・堀尾吉春が築いた、24万石の居城でした。全体が黒っぽいのですが、これは
   下見板張りになっているためで、風雨に強く耐用年数が長いそうです。

  ・中に入ってすぐ(地階)に井戸がありました。深さ24mで、池の底とほぼ同じ
   同底のため常時飲料水は不自由しなかったとか?籠城用の貯蔵庫でもありました。
d0175995_2114349.jpg

  ・柱は、一本の柱の外側に板を揃えて寄せ合わせ鉄輪で締めて太い柱に作られて
   いるため、より強い柱となっているそうです。約40~50cmの太さがありました、
   堀尾吉春の苦心したところだそうです。
d0175995_21195277.jpg

  ・桐の階段は厚さ10cm、階段の幅は1.6m、階段を引き上げたり、防火防腐のため
   桐を使ったとか!手すりなどは、丸くすりへって光っていました。 他の城では
   見られない特殊な階段で、今だ昔400年前のまま、手がくわえられてないのに
   感激しました。
d0175995_21265694.jpg

  ・鯱は、木彫銅張りで高さ2.08mあり、現存の木造のものでは日本最大だそうです。

  ・昨年、築城400年を迎えたそうですが、地元から国宝の希望が出されているそうです
   1611年堀尾吉春が、5年の歳月をかけて完成したお城で、本当に400年の歳月が
   感じられ、又お城の魅力に引き込まれていきそうです、昔の人達の智恵に感動の日
   となりました。

  ・今夜は、鳥取県の名峰と言われている「大仙」の麓の温泉に泊まり、明日は
   鳥取砂丘にいきます。
d0175995_21393932.jpg


  
[PR]

by fukupon-0410 | 2012-05-05 21:45

山陰の旅(2日目)

  ・今日は待望の<松江城>ですが、午前の予定は「足立美術館」です。私は絵画の
   ことは分かりません、が 足立美術館の庭園は、すばらしいと聞いていました。
   いや~入って行くなりびっくりしました、すばらしいです!
   
  ・創立者の 足立全康は、「庭園もまた一幅の絵画である」と言ったそうです、が
   入館者の皆さん、まず庭園に見とれて足を止めていられました。
d0175995_20242598.jpg

  ・午後、これから いよいよ 松江城かと思いきや!次は「出雲大社」です~と
   ガイドさん盛りだくさんのご案内と、言ってますが?早く~お城に行こうよ~
   といいたいのを我慢です。

  ・出雲大社の庭にある国旗は、高さ47m何と旗の大きさは畳75枚分重さ50kgある
   そうです。又 しめ縄は、長さ13m 重さ50トンとか、すごいですね
   今回、拝殿は工事中でした(屋根の修理ですが、桧皮葺です)
d0175995_20355953.jpg

  ・5月も近くなれば、日照時間も長くなりますが、冬場では日も短く午後3時も過ぎ
   れば写真を撮るのは難しくなります。それでもやっとや~とお城にに向うことに・・・
d0175995_20411510.jpg

[PR]

by fukupon-0410 | 2012-05-03 20:46

山陰の旅(一日目)

  ◎松江城・鳥取の砂丘・天の橋立 など、私の希望するコースのツァーに参加しました。

  ・第一日目、羽田から大阪伊丹空港に・・・神戸の異人館めぐりから始まりました。
   ここは、若い方向きのお店も多く、ドイツ料理、ベトナム料理など、ツアーの参加者は、
   大半が中高年、ちよっと不似合いな感じがありました。昼食場所を探すにも、
   汗をかきながら苦労した、第一日目の始まりです。
d0175995_2154617.jpg

  ・午後、岡山に移動・・・後楽園(日本三名園のひとつ)に、一昨年も来ているため
   散策はどうしょうか?とためらいましたが、時間の都合もあり入ることに!ところが
   後楽園内から見る「岡山城」は、また違った角度で見られて再発見もありました。

  ・後楽園の中は、大半が芝です。特別見所はありませんが、広大な芝と池で季節に
   よっては、桜、など楽しむことができます。竹林の中、竹の子が大きくなったまま
   放置されていました。
d0175995_21175013.jpg

  ・この後、倉敷に移動・・・美観地区の散策でしたが、私は余り興味がありません。
   駅近くの商店街を物色中「ミタさんの帽子」を見つけて買いました。
   一日目は、三ヶ所の散策がありくたびれてしまいました。今夜は倉敷泊まりです
   ゆっくり休んで明日に備えます。
[PR]

by fukupon-0410 | 2012-05-01 21:33