<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

北陸の旅(丸岡城へ)

  ・上野駅8:58分の上越新幹線で出発です。上野駅からの乗車は始めてです、何と
   地下3Fまで降りて又降りるのです、4F!なのでしょうか?時間は余裕をもって
   出てきたため心配はないのですが、山手線~上越新幹線に乗り換えるのは、大変
   時間がかかります。

  ・予約席は2階のため眺めはいいです、関越自動車道に添って走っています。
   長いトンネル「トンネルを抜けると、そこは雪国だった」と誰かが言いましたが!
   今日は晴れていました。

  ・一時間30分余りで越後湯沢に着き「特急はくたか」に乗り換えました。ここから
   金沢まで2時間30分程、海岸線を走りますから私の楽しみとする所です。
   昼食は駅弁「コシヒカリ牛丼」駅弁を食べながらの旅は久し振りのことで、楽しく
   美味しかったで~す。
d0175995_2016294.jpg

  ・13:30分「金沢駅」に着きました。駅近くのホテルに荷物を預けて、金沢駅正面
   に・・・アカ抜けた感じと仙台駅を ふぅ~と思わせる感じです。
   駅正面に「鼓の門」があり、古都金沢を表現しているのでしょうか?又大きな石
   の上には「ヤカン」が・・・寝そべっています、これをアートと言うのでしょうか?
   何を意味しているのか?わかりません、勉強不足でした。
d0175995_20262795.jpg

  ・今日は「近江町市場」に行ってみました。ここは金沢の台所といった感じの市場
   です。おみやげ物の、海産物を地方に送る!といった市場ではありませんでした。
   食事所も3時で終わり、と いった所が多く夕食所を選ぶのはやめました。
   今夜は、ホテル内のレストランを利用することにして、部屋に戻り明日の予定を
   練り、早々に露天風呂でゆっくり今日の疲れをとりました。
d0175995_20384041.jpg

[PR]

by fukupon-0410 | 2012-09-29 20:41

ダリアの園をたずねて

  ・埼玉の奥、秩父から小さな山を一つ越えた「両神山麓」の小鹿野に「ダリアの園」
   があると聞き行ってみました。見頃は9月上旬~10月末頃までもられるそうです。
d0175995_20154025.jpg

  ・ダリアの花は私達の子供の頃「ポンポンダリア」と言われて、一般家庭の庭先に
   よく咲いていた記憶があります。花にも流行があり、最近はめずらしい花が
   いろいろ出まわっていますが、ダリア!なんて懐かしく感じがしました。
d0175995_20231996.jpg

  ・ダリアの園には種類が豊富にあり、マリのように裏側まで花びらになっていたり
   ・・線香花火のようなものや、私の頭ほどの大きな花もあり、又 色も多彩に
   ありました。
d0175995_20292698.jpg
 
d0175995_20303192.jpg

  ・たくさんの写真を撮りましたが、処理が大変!どの花も特徴があり 又 平凡な
   花は昔なつかしい型で、「ポンポンダリア」と呼んでいた子供の頃を思いだし、
   一日、花の中で戯れて楽しく過してきました。
d0175995_20413016.jpg




       
[PR]

by fukupon-0410 | 2012-09-17 20:42

今月のお寺便りから

  ・今月のお寺便りに「僧侶のユニホームは、なぜ黒?」が出てました。
   「法衣」とは、僧侶が身に着けるすべての衣服を言う場合が多いのだそうですが、
   もともとは「三依」と呼ばれる長方形のの三枚の布で、粗末なものだったそうです。

  ・三依の条件は、ふん掃依(トイレ掃除にしか使いようのない布)
           のう依(ボロを綴った布)
          色は壊色(赤、黄、青、白、黒、以外の濁った中間色錆色であること)

  ・これらは、人の欲や煩悩を遠くはなれたと言う精神的な意味があり「法衣」は
   仏陀の説かれた教えにかなうものだったとか!

  ・仏教が、気候の寒い中国に伝わってからは、衣の下に「内依」を着用することになり
   「衣」と「袈裟」とに分かれて、装飾的な衣装となったそうです。

  ・衣に黒が用いられるようになったのは、儒教や道教の影響が大きいとか!禅宗が
   中国から日本へもたらされる頃には、すでに中国の僧侶の衣服は黒であったとか、
   こうして黒色の法衣が僧侶の服装として定着・一般化したのだそうです。

  ・こうして黒色の「法衣」や袈裟は、僧侶の位階や席次を表すものになっていった
   そうです。
      
[PR]

by fukupon-0410 | 2012-09-14 22:00

息子の誕生日

  ・今年も、息子の誕生日が近ずいてきました。3900gで生まれたジャンボ赤ちゃん
   主人が思い出すのは、手術室から看護婦さんに抱かれて出てきた息子の「にぎり
   こぶし」だそうです。それは大きな「にぎりコブシ」だったそうです。

  ・8ヵ月前半の時、破水してしまい医師から母体に影響がでるから切って出す・・と
   言われました。・・が動いていたのです、元気に動いている赤ちゃんを、みすみす
   出すことはできませんでした。今の医学なら数百グラムの赤ちゃんも育ちますが、
   この時代は赤ちゃんは育たないと言われたのでした。

  ・ぎりぎりまで待って下さい、とお願いしました。主人は医師と言い争いになり
   ましたが、何と・・・その時の赤ちゃん(息子)は、医師の意に反して何ごともなく
   産声をあげ、大きく 々 育ったのでした。

  ・その息子が、43回目の誕生日を迎えるのです。今年は何をプレゼントしょうか?
   息子にききましたが「もうお祝いされる歳でもないから」と・・・私からすれば
   今年もお祝いできた!と特に今年はいろいろあってか!嬉しさはひとしおです。
   
  ・子育て中に熱をだすことがあっても医学の常識を破った「生命力の強い子」  
   だからと、私の支えになりました。

  ・今回は、ゴルフウェアーにしましたが、何とサイズが「LL]なのです。大きな
   赤ちゃんは、大きく々育ち、43歳の今は企業戦士となって頑張っています。
                   068.gif    067.gif  
[PR]

by fukupon-0410 | 2012-09-09 14:25

映画(あなたへ)

  ・久し振りになつかしの「健さん」に逢ってきました。高倉健さんは、もう81歳
   になられたそうです。今回の映画も言葉少なく、不器用な役を演じてましたが
   これが 又 よく似合いました。
   この年代の男性は、言葉少なく、無愛想が美徳とされていたように思います、が
   今だったら?さて~さて~

  ・健さん演じる役は、富山の刑務所の警務技官ですが、亡くなった奥さんの遺言で
   妻の故郷「長崎の平戸の海」に散骨してほしいの願いを守り、富山~長崎までの
   旅にでます。(愛車にて)道中、出会った人々や、思い出の地などでの回想シーン
   などがあります、セリフは少ないのですがその中で妻の本当の願いや思いを
   知っていくのでした。
d0175995_14333845.jpg

  ・撮影期間中の総移動距離は、9000kmと書いてありましたが、富山~長崎まで
   1000km~1100kmでしょうか?直線ではなく、いろいろな土地を見せて
   います。なかでも、天空の城と言われている「竹田城跡」は(日本のマチュピチュ
   とも言われている)必ず行きたいと私は思っている場所ですから、思わずうゎ~
   と身をのりだしてしまいました。

  ・しかし、あの場所での撮影は大変だったのでは?又 高齢の健さんが?少々
   心配してしまいました。(その後、受賞ため元気に海外に行ってましたね)
   
   
[PR]

by fukupon-0410 | 2012-09-05 15:08

涼を求めてドライブ

  ・この2、3日の暑さは最高です。この夏は暑いながらも夜は風があり、二階の窓を
   開けていれば寝苦しいことはなく、暑いながらも過しよい夏でした。
   ネットで秩父の奥に「丸神の滝」を見ました、涼しそうです。行ってみることに・・

  ・朝、ネットで見て、即 出発ですから準備はできません、でも、便利な世の中です
   走れば必ず「コンビニ」なるものがあり、飲み物・食べ物・お手洗いは心配ありません。
   この暑さでは、エアコン強くしても車の天井から熱気を感じます。滝の場所はよく
   分かりませんが、ナビが案内してくれて本当に便利な世の中です。

  ・約100km走った辺りから、道幅が狭く車一台通るのがやっとです、周囲は人の気配も
   感じられません。この先どうなってるのかな?不安が増してきました。
   ナビは後5kmと表示していますが・・・前から車が来たら!どおなるの?

  ・戻ろう~せっかく100kmも来たけれど!残念 何とかターンもしました。帰ると
   決めたら元気も出ました、走りました~
   
  ・やっと道の駅に戻り買い物、お店のおばさんに聞きました。「すばらしい滝ですよ」
   駐車場も用意されているとか?あ~残念!先に立ち寄って聞くべきであった~!
   紅葉の時期がすばらしいそうです、又 きま~す。

  ・良い事もありました、市場に出回ってない「お米」を買いました。美味しいか?
   不味いかは、お楽しみで~す。
d0175995_1121620.jpg

   
[PR]

by fukupon-0410 | 2012-09-01 11:23