<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大イベント

  ・2月の初旬、私の所属する「ネットクラブ」は、2年に一度の大きなイベント
   「パソコンでこんなこと出来るん展」を開催いたしました。
   今回で6回目です、会ができて12年でしょうか!
d0175995_2084554.jpg

  ・各教室ごとの作品・同好会の作品など、この二年間の作品の発表です。
   会の中には、旅行を計画立ててくださる外遊会・ウオーキングの会・ゴルフ
   ボーリングと勉強に遊び、自由に選び参加できます。
   私もこの会に入って10年、育てていただきました。
d0175995_205065.jpg

  ・今、会員数は280名!近い内に300名に達するのではないでしょうか?
   理事さん、幹事さん達のすばらしいアイデアで今年は廊下の仕切りをなくした
   オープン会場になり、たくさんの方達も気軽にみていただけました。
d0175995_20162235.jpg

[PR]

by fukupon-0410 | 2013-02-18 20:18

18才の挑戦

  ・今年の冬は、ことのほか寒い冬となりました。大雪もあり、たびたびの雪情報
   に、またか~と なげいてしまいました。

  ・そんな中、孫は大学受験なんです。先日も大雪の中、受験生の皆さん電車の
   遅れなどで苦労されたと思います。私の孫も山手線が間引き運転で苦労した
   ようです。

  ・でも嬉しい連絡がありました「おばあちゃん、大学生になれるよ~」とメールと
   合格証の添付がありました。 「おめでとう~受験戦争は終りね」と私・・・
   孫は「おばあちゃん、これからよ」と言います。

  ・M子「挑戦するから!」そうか~自分を試す挑戦は今しか出来ないのです、社会に
   でれば、そんな余裕はなく 又 許されるか!どうか?

  ・先日、「孫」にエールを送る意味で「お赤飯」を炊き届けました。M子ちゃん
   がんばれ~と・・・

  ・又、挑戦させて見守ってくれる両親に感謝を忘れないようにと・・教えるのは
   おばあちゃんの役目かな???おばあちゃん、まだまだ役目はありました。
d0175995_15174989.jpg

[PR]

by fukupon-0410 | 2013-02-14 15:19

映画 東京家族

  ・昨日、思いのほか時間が余り、以前から見たいと思っていた映画「東京家族」
   観てきました。 昔、小津安次郎の「東京物語」を トラさんで知られている
   山田洋次監督が、映画化したものです。

  ・物語は、瀬戸内の島で暮らす年老いた両親が東京の子供達のところに上京して
   その間の とり巻きなど・・・通常のありふれた内容でした。
d0175995_20374328.jpg

  ・2人の息子と1人娘・・・長男は開業医・娘は美容室経営・次男は舞台装置の
   勉強中で、まだアルバイトで生活を賄っている身、そんな構成で展開!

  ・元 教員だった父親は昔の厳格な教育者、子供達にとって けむたい存在!が
   母親はそんな間をとりもちます・・・ある日子供達は両親にゆっくりしてもらう
   ため見晴らしの良いホテルの一室を用意するのですが・・・
   両親は、慣れないホテルで疲れてしまい早々に引き上げてきます。

  ・親は、遊びを考えて上京したわけではなく、普段の子供達の生活をみたいだけ!
   子供達から思えば、親孝行したいが~毎日が忙しさに追われて・・・気持ちが
   あっても出来ないジレンマ!
   老夫婦もそろそろ島に帰ろうと決めていた、そんなある日 母親が倒れ一夜
   にして、旅立ってしまう!と 言うストーリーでした。

  ・何でもない家族の物語、今 どの家庭でも考える問題?いつかは考えなければ
   ならない問題で、身につまされて涙が出てしまいました。
d0175995_215239.jpg


   
   
[PR]

by fukupon-0410 | 2013-02-12 21:07

また~大雪?ですか

  ・今年二度目の大雪情報でした。こんなに雪の降る年はめずらしいのでは!
   ないでしょうか、積雪 10cmもあれば、都市はマヒしてしまいます。

  ・この時期、受験シーズン 今朝もテレビでは交通情報を流していますが、まだ
   降りだしたばかりで、JRは70%の間引き運転と言う・・・
   実は、我が孫も大学受験で 今朝 試験会場に向いました。余裕をもって早く
   家を出たようですが・・・無事試験会場に着くまでは心配しました。

  ◎今月のお寺便りに、金子みゞの「積もった雪」が載っていました。
  
   ~積もった雪~

    上の雪 さむかろうな
    つめたい月がさしていて

    下の雪 重かろうな
    何百人ものせていて

    中の雪 さみしかろうな
    空も地面もみえないで

   ・「本当に大切なものは、目には見えないんだよ」と教えられている気がします。
   
[PR]

by fukupon-0410 | 2013-02-06 21:02