四国・4日目、松山城

  ・今日は、出発10:30分です、  朝食後、道後温泉駅前の散策となりました。
   駅前には、足湯があります からくり時計の下で、通りすがりの人達が気軽に利用
   されてました。
d0175995_13101731.jpg
d0175995_13181715.jpg

  ・さぁ~ホテル 10:30分出発で<松山城です>

  ◎松山城(金亀城・勝山城)
  ・松山市の中心部、勝山山頂に本丸を構える平山城です。大天守・小天守・南隅櫓と
   北隅櫓を渡り廊下で結んだ日本三大連立式平山城で、姫路城と同じです。
d0175995_1327154.jpg
d0175995_1328513.jpg

  ・1604年、伊予国正木(松前)城主 10万石の大名だった 加藤嘉明が、関ヶ原の
   戦いで功績を上げ20万石加増されて、二の丸・三の丸を有する平山城の築城に着手
   しております。
   1603年(慶長8年)10月嘉明がこの地を「松山」と呼ぶこととして松山という地名
   が公式に誕生しております。
d0175995_13385529.jpg
d0175995_1355571.jpg

  ・1635年、7月に松平定行が15万石の藩主となり、以降松山藩は、四国親藩として
   235年続き、明治維新を、迎えております。
   1784年(天明4年)天守を含む主な建物が、落雷により焼けてしまいました。が・・
   1854年(安政元年)2月8日、時の藩主 松平勝善が、天守本壇を再建完成しております
d0175995_13521142.jpg

d0175995_1356398.jpg

  ・1867年(慶応3年)大政奉還により松平定昭幕府老中職辞任・・・
   1871年(明治4年)廃藩置県で、松山藩から松山県となっています。
   1873年(明治6年)廃城令により同年に愛媛県が成立しております。
d0175995_1481817.jpg

  ・1891年(明治24年)正岡子規が「松山や、秋より高い 天守閣」の俳句の発表を・・・
   又 明治28年には「春や昔、十五万石の 城下哉」の句を詠んでいます。
  ・現代 1955年(昭和30年)にはロープウエイが又1966年(昭和41年)にはリフトが
   登城客の利便をはかるため設置されています。
  ・2004年(平成16年)よりおこなわれていた大天守閣ほか、6棟の改修工事は平成18年
   11月末に完成して、改修記念に、大天守の「しゃちほこ」「天丸」「まつ姫」の愛称が
   公募によって、つけられました。
d0175995_14294211.jpg

  ・城内には、全景を描いたのか?写真なのか?解りませんが屏風が飾られてましたので
   余りきれいなので、最後にワンショット パチリ
d0175995_14354851.jpg

  ・この日、「松山城」を最後に、松山空港15:15分発にて東京羽田に帰ってきました。
   今年は、半月早い梅雨に入りましたが、4日間素晴らしい天気に恵まれ、良い旅が
   でき幸せでした。(一緒に荷物を持ち歩いてくれました同居人さん、ありがとう~)
   
   
[PR]

by fukupon-0410 | 2011-06-15 14:54